【玉谷製麺所】ふるさと山形。月山麺。月山の恵みを受け美味しさと地元にこだわった麺作りをしております。

原材料にこだわった職人造りの麺を工場直送にて全国へお届けします。

原材料にこだわった職人造りの麺を工場直送にて全国へお届けします。

玉谷製麺所スタッフブログ
情報満載!玉谷製麺所の
スタッフブログはこちらから
玉谷オンラインショップ内の商品を検索できます。
商品ラインナップ

購入履歴 全商品一覧


山形県内の放射線に関するお知らせ(別ウィンドウが開きます)
情報は山形県のHPにてご確認いただけます。


今月の季節便
資料館
営業日カレンダー
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

★赤枠の日付は弊社定休日です。定休日にはメール配信・発送業務はお休みさせていただきます。ご注文・お問合せを頂いた場合、お返事は休み明け以降となります。

ギフト包装対応

ギフト発送をご希望の際は、弊社オリジナルの包装紙にて包装致します。「和」と「洋」の2種類のタイプをご用意しております。ご希望のタイプをご注文フォームの「備考欄」にてお申し付け下さい。
下の画像をそれぞれクリックすると拡大表示されます。

ギフト包装『和』 クリックすると拡大表示されます。

タイプ和:月山麺

ギフト包装『洋』 クリックすると拡大表示されます。

タイプ洋:市松柄

※お客様からの選択がない場合は、包装紙のタイプは弊社側にお任せいただきます。

ココロを届けるたまやのギフト対応

たまや通信。資料館

月山の板そばを育てて

『一番おいしいのはね、やっぱりこれだわ。』
  テレビの画面に大写しに月山の板そばが出てきた時、びっくり仰天!!
みんなでワァーと手をたたきました。今年は板そばの年になりました。
  9年前の春に、
「そばを入れるのに木箱は使えないか。」
とアイデアを出したのは、親友の渋谷和夫君(西川製材専務)でした。松田昌一君(西村山地方森林組合課長)と私と3人での酒飲み話で、杉の根元の木材活用論からでした。
「単なる箱ではもったいない。板そばの器としてセットにしよう。」
といったことになり、ちょうど森林組合の方でも『西山杉』のブランドを売り出す動きがあるので、それも取り入れてということで、話がまとまりました。
  翌日、酒の上での話ではないことを確認し、具体化に向けて手分けして動き出しました。紙面の都合で苦心談は割愛いたしますが、私の青年会時代からの友人や、商工会、町役場商工観光課、県工業技術センター等の多くの方々のご指導とご協力によりまして、3ヶ月ほどで売れるものが出来上がりました。
  発売したのは土産用として、月山や花笠ライン地区の売店でしたが、予想以上の反響でした。その後、デパートから贈答用の引き合いが入り、蓋付の新製品を開発して納品しました。中身のそばや箱のサイズ、デザイン等も改良を重ね、生そば入りのアイテムも加えて贈答用としての品ぞろえを充実してきました。
  翌年(昭和61年)から3年間ほど、板そばのルーツを調べました。村山地方の何代も続いている有名な蕎麦屋さんのご主人から聞いてまわりました。その結果、
『やはりこれは山形の食文化のひとつで、大切にしていかねば』
との思いを強くいたしました。
  その後、食の雑誌や週刊誌、ふるさと小包やデパートのカタログに当社の代表的製品のひとつとして載せていただき、通信販売等でも順調に育っていきました。
  杉板の蓋に『月山そば』のラベルを貼るとき、茫然と見とれる木目模様に出会うことがあります。建築用材にならなくて山に捨て置かれた木材が、何人もの職人の心のこもった技能により、生き生きと光っているのです。
『この器に負けないようなそばを、自分は打っているのか。』
と自問をくりかえし、反省の日々です。
  一生の課題となる気がしております。

[あがぁしゃぇ 14号/1993年11月、玉谷信義 記]

『たまや通信』 トップへ戻る >>>